それはSNS疲れ?SNS疲れと解消法

>

SNS疲れってどういうもの?

他者の投稿を読んで比較してしまう

SNSによく載せられる、もしくはつぶやかれる内容の中に、「今友達とここにいる」「ここに行って楽しかった」といったものがあります。
その中でその人がとても楽しかったといったことが書かれています。
また、試験に合格したことや出産、結婚などの自己実現のことやめでたいことも投稿されていますね。

疲れを感じにくい人なら「よかったね」「おめでとう」「私もがんばろう!」で済ませられる所ですが、自分に対してネガティブな所があったり、心理的に落ち込んでいる時だと、「いいなあ、それに比べて私は。」と比較してより自分が下にいるような気持ちになってしまうことがあります。
こういうことが毎日積み重なって、SNSに疲れを感じてしまいます。

自分をよく見せたい気持ち

自分をよく見せたい気持ち、自分を認めてもらいたい気持ちは多い少ないはあれど、人間だれしも持っている気持ちですよね。
SNSは設定次第では見知らぬ人も見ることができるものですし、仲のいい友人も見ることができるものです。
そのような状況の中で、ただ投稿するのではなく、自分が今とても楽しんでいる!幸せ!とみんなから思われたいという人もSNS疲れを感じやすいです。
そういう人になると、SNSに投稿したいからという理由で人気のスポットに行ったり、カフェに行ったりを繰り返してしまいます。

そして投稿をして、何人が「いいね!」をしたのか、何人がコメントをしたのかを確認し、少ないともっと人気のある所がないのかネットで探したり、投稿するのに「よくみえるように」文章を考えたり、またきれいに撮ろうと写真を何回も取り直したりとしてしまいます。


この記事をシェアする